Blog

「タンパク質=肉」は間違いだった

      

タンパク質と聞いて何をイメージするでしょうか?

私は肉というか、鶏肉です。人間はタンパク質でできていて、普通の食事だと

タンパク質の摂取量が足りないので、そんな時に思い浮かぶタンパク質摂取の

1番の方法は鶏胸肉です。

それが1番の方法だと思っていました、この話を知るまでは。

     

     

人間用のタンパク質が摂取できる食品は、動物性と植物性の2種類です。

実は、タンパク質を摂取すると、体内で分解するさいに人体にとって有害な

アンモニアを発生するそうです。

その発生するアンモニアが、鶏胸肉のような肉の動物性タンパク質は、植物性

タンパク質に比べて、多く発生してしまいます。

     

     

アンモニアは、肝臓や腎臓で処理(無毒化)されたうえで体外に排出されるん

ですが、動物性タンパク質ばかり食べていると、これらの臓器が疲れて老け

込んでしまうそうです。

     

     

肝臓や腎臓が疲れて弱るとどうなるのか?

やはり、十分な処理が行えなくなってしまいます。

そうなると、処理(無毒化)できず体外へ排出されなかったアンモニアが、

血液や筋肉組織に溜まり、疲労感や嘔吐、記憶障害や気分障害などの症状を

引き起こすこともあるそうです。

     

     

なので、肝臓や腎臓の負担を減らすためにも、できるだけ動物性タンパク質を

減らし、植物性タンパク質を摂ることが重要なんです。

正直びっくりしましたが、そういや、プロテインを摂りすぎると、肝臓が悪く

なると聞いたことがあるので、ある意味納得しました。

      

      

タンパク質は、人間の体を構成する最も重要な要素だということは、知ってい

ますよね。

ただ植物性食品には、そのほかにも必要な栄養素も含んでいるんです。

       

       

胃や腸でアミノ酸に分解されたタンパク質は、全身の細胞に届けられて、身体

組織や神経伝達物質、酵素、免疫物質などに再構成されます。

      

        

この再構成に必要不可欠なのが、さまざまなミネラルやビタミンなんです。

その豊富な栄養素を多く含んでいるのが植物性食品なので、動物性食品より

植物性食品からタンパク質を摂取することをお勧めします。

是非参考にして見てください。

        

         

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE公式アカウント

お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから
友だち追加してください。





Facebookページ






Instagram



PAGE TOP