Blog

『空腹は人間本来の生命力を引き出す』

そもそも人間は凄い‼︎

様々なものを開発し、ここまで世界を発展させてきました。

しかし、さらに凄いのは、人間本来の仕組みです。

人間はものを食べて10時間ほどすると、肝臓に蓄えられた糖が無くなって、脂肪が分解されて

エネルギーに変わります。

そして、食を断ち16時間経つと、今度は体の中で、オートファジー効果というものが働き始めます。

ここでノーベル賞を受賞した【オートファジー効果】についてご説明しましょう

私たちの身体は〈約60兆の細胞で出来ている〉と言われています。

細胞は主にタンパク質でつくられています。

日々の生活の中で古くなったり、壊れたタンパク質の多くは体外に排出されますが

食べ過ぎが続いたりすると、排出しきれなかったものは細胞に蓄積され

様々な体調不良や病気の原因となります。

一方で、私達は食べたものから栄養を摂取し、必要なタンパク質を得ています。

ところが、この栄養が体内に入ってこなくなると

体は生存するために、病気の元となる

古くなったり壊れたタンパク質を集め分解し、それらを基に新しいタンパク質を作ります。

ようは、病気の元かが体内から〈無くなる〉ということです。

これを自浄効果と言います。

そして、このオートファジー効果で、細胞の活動エネルギーとなるミトコンドリアも新たに生まれ変わり

沢山のエネルギーが得られ、人は若々しく健康でいられます。

人は病気になると食欲が無くなるのは、細胞を飢餓状態とし、オートファジー効果を得るためなのです。

ですから人間は本来、医者や薬などがいらない存在なのです。

が、食べ過ぎが実は、医者と薬が必要となる原因となるのです。

食べ過ぎて医者や薬に頼ることは、火に油を注ぐことと同じなのですが

理解できる運の良い人は希少なのです。

私は病気になる前に、自らの意思で食事を断ち、全身のオートファジーを働かせ若返るのです。

さらに

ファスティングを行うと、とんでもなく運が良くなります。

私は最近絶好調です!

ですから

ファスティングを行い、絶好調の維持をはかるのです。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE公式アカウント

お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから
友だち追加してください。





Facebookページ






Instagram



PAGE TOP