Blog

ファスティング中のNG行為

ファスティング(断食)期間中に、その他の生活習慣を

組み合わせることで、得られる効果をさらに増幅させる

ことができます。

     

      

それとは逆に、やってはいけない行為、せっかくの

ファスティング(断食)が台無しになる行為があるので

今回はこのNG行為を見ていきましょう。

     

     

NG行為

①激しい運動

ファスティング(断食)中の運動は、ウォーキングがおすすめ。

血圧や脈拍を安定させ、脳の活性化、血管を強くする効果が

あります。

筋トレやランニングなどの激しい運動は避けてください。

     

     

②酒とタバコ、アメやガム

消化器系を不必要に刺激し、ファスティング(断食)で

得られるはずの効果が十分に得られなくなってしまいます。

     

     

③カフェイン

コーヒーや緑茶などカフェインが入った飲み物は避けて

ください。

カフェインは刺激物なので、ファスティング(断食)中に

行われる細胞の環境整備にはプラスにはなりません。

     

     

④夜更かし

眠りの質が高くなる午後10時〜午前2時までのゴールデン

タイムを逃さないようにしましょう。

毎日同じ時間に眠り、同じ時間に起きるようにすると生活の

リズムが生まれます。

     

     

どうでしょうか、基本的には人間らしい生活が求められて

いるような気がします。

早寝早起きで適度な運動、刺激物質は避けて水とミネラルと

酵素ドリンクでファスティング(断食)後は心も体もすっきり

されていることでしょう。

     

     

是非、定期的にやっていただいて、習慣化されることを

おすすめします。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE公式アカウント

お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから
友だち追加してください。





Facebookページ






Instagram



PAGE TOP