Blog

ファスティング明けの過ごし方②

復食期の3日目ぐらいからは、お粥から玄米ご飯に切り替えて

いきましょう。

ただ、心掛けとして、いつもより柔らかめに炊くようにしておけ

ば胃腸にも負担はかからないと思います。     

     

     

それに加えて、良質な亜麻仁油もスプーン1〜2杯摂るように

していけば、体のオイル交換にもなってきます。

      

      

4日目以降は、様子を見ながら、徐々にいつもの食事に戻して

いくことに加えて、忘れてならないのが、1.5食の習慣を定着

させることです。

      

      

せっかくデトックスをして、体がきれいになり、体重も減少した

としても、その後、暴飲暴食したり1.5食の習慣を忘れてしまっ

ては、元も子もありません。

     

     

ファスティング(断食)を含め、1.5食の食生活もきちんと

習慣化することが大切なポイントになってきます。

     

      

体は、数日間にわたって、固形物を摂らない生活を続けて

きました。

何度も言いますが、このファスティング(断食)後の復食期に

ヘビーな食生活をすると体がビックリしてしまいます。

    

       

せっかくのファスティング(断食)効果が台無しになって

しまいます。

      

      

復食期は、あくまで「ゆっくり」が原則です。

ついつい、欲望に任せて暴飲暴食しないように、自己管理を

徹底し、食事を楽しんでください。

      

      

ファスティング(断食)は単なるダイエット法ではなく、

素晴らしく無限の可能性があることは、理解していただけ

たんじゃないかと思います。

     

      

私たち人間は、口にするものからだけでなく、洗剤や日用品

などからも知らず知らずのうちに、有害物質を取り込んでしまっ

ています。

      

      

だからこそ、定期的に有害物質を浄化させなければなりま

せん。

その唯一の方法がファスティング(断食)なんです。

      

      

これは、今の現代人にこそ絶対に必要な「究極の習慣」だと

私は思っています。

     

      

ぜひ、一度チャレンジしてみてください。

そして、脳と体を若返らせて、人生を謳歌してもらえたらと

思います。

      

       

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE公式アカウント

お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから
友だち追加してください。





Facebookページ






Instagram



PAGE TOP