Blog

咀嚼と体の関係

今回は咀嚼と体がどのように密接に関係しているのか、

消化器官と脳の2項目に分けて見ていきましょう。

     

      

消化器官

・唾液が分泌されることで、内臓の負担を減らす

・消化を助けるアミラーゼが分泌される

・滑りをよくして飲み込みやすくする

・消化に必要な蠕動運動を促す

・口の中を殺菌する

・口の中をうるおし、粘膜を保護する

      

      

・脳内の血流がアップし、各機能が活性化する

・記憶力が高まる

・情報の整理能力がアップする

・コミュニケーション能力がアップする

・リラックス効果

・脳から全身への指令がスムーズになる

      

        

どうでしょうか、食べ物を噛む行為って、ただ体のなかにものを

運ぶためだけの行為ではなくて、体と密接に関係していることが

わかると思います。

      

       

私もそうですが、ついついがっついて、飲み込むように食べる

のではなくて、1回1回味わいながらゆっくり食べて、咀嚼回数

を意識することも大事ってことですね。

       

       

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE公式アカウント

お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから
友だち追加してください。





Facebookページ






Instagram



PAGE TOP