Blog

病気の原因は実は食べ過ぎ

     

がん、アルツハイマー、糖尿病、心臓病

俺たち人間は、いろんな病気になるリスクがある。

     

これらの病気の原因は一体なんだろうか?

      

実は、体に溜まる活性酸素というものが

生じてて、それが1番の根源らしい。

     

聞いたことある言葉ではあるが、

いまいちよくわからないよな。

     

体の細胞の中のミトコンドリアっていうものが

生命維持に必要なエネルギーを作るため

酸素を消費するそうなんだけど、

その際に一部活性酸素というものに変換されるみたい。

     

この活性酸素、

ほどほどだと有用となるんだけど、

その量が度を過ぎるほど増える

になっちゃう見たい。

     

細胞にダメージを与え、機能低下や組織障害を

起こしてしまう。

     

質の低い食事(ファーストフードやお菓子)

悪影響を及ぼすらしく、脳をワガママにしてしまう。

     

脳がワガママになるとどうなるのか?

必要以上にブドウ糖を要求するようになる。

     

これが食べ過ぎの原因。

     

そして、食べ過ぎると

活性酸素が過剰に発生し、

さまざまな病気や老化を

引き起こしてしまう。

では、本日の覚えておいて欲しい一言。

          

病気の原因は食べ過ぎ

          

最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE公式アカウント

お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから
友だち追加してください。





Facebookページ






Instagram



PAGE TOP