Blog

穀菜食を習慣に

穀菜食は「究極の食事」ってのが分かったところで

それぞれ単体での特徴を見ていきましょう。

     

     

玄米と味噌汁

玄米には食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれている。

味噌汁は野菜、きのこ類、海藻類など具沢山にしたい。

     

     

豆類

乾燥豆に加えて、納豆、豆腐、味噌などの大豆製品も

積極的に食べたい。

     

     

野菜

旬の新鮮な野菜は、植物性の健康成分(ファイトケミカル)

の宝庫。

     

     

きのこ類

食物繊維やビタミンが豊富で、免疫力アップに貢献。

食物繊維で腸をきれいにする。

     

     

果物

旬の果物には、ビタミンなど豊富な栄養素が含まれる。

皮ごと食べられる果物は丸ごと食べよう。

     

     

海藻類

わかめ、昆布、海苔などの海藻類には、不足しがちなミネラルが

たっぷり含まれている。

     

     

いも類

里芋はやさつまいもなどはカリウムや食物繊維が豊富で、腸はもちろん

全身の健康に役立つ。

     

     

種実類

くるみやごまなどはビタミン、ミネラル、良質な資質が多く

含まれる。

料理やおやつで活用したい。

     

      

良質な油

体内で作れず不足しがちなオメガ3脂肪酸を意識的に摂取。

亜麻仁油はその代表格。青魚のEPA、DH Aもオメガ3脂肪酸。

       

      

今は玄米も美味しくなってるし、いろんな調理法もあります。

発芽酵素玄米なんて、めちゃくちゃ美味しいしね。

     

      

ぜひ、体のためにもぜひ試してみてくださいね。

     

     

では、絶対にこれだけは覚えておいて欲しい一言は、これだ!!

     

シンプルな食事が一番

     

今回も最後まで読んでくれてありがとう。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE公式アカウント

お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから
友だち追加してください。





Facebookページ






Instagram



PAGE TOP