Blog

脳を若返らせる方法

脂肪酸を構造の違いから分類すると、飽和脂肪酸と

不飽和脂肪酸に大きく分けられます。

     

     

肉の脂身、バター、ココナッツ油に多く含まれる、

常温で固形のものが多いのが飽和脂肪酸です。

飽和脂肪酸の特徴は中性脂肪やコレステロールを

増加させ、動脈硬化のリスクを増やす原因にもな

り、人間の体内でも合成できる油です。

     

     

亜麻仁油、えごま油、オリーブ油、イワシやアジ

などの魚油に多く含まれて、常温で液体のものが

多いのが不飽和脂肪酸です。

     

       

不飽和脂肪酸の中でも、オメガ3、オメガ6、

オメガ9の3つのグループに分けられるのですが、

中でもオメガ3は積極的に摂取したい油になりま

す。

     

       

それぞれの特徴として、中性脂肪を減らして高コレ

ステロールを改善し、生活習慣病を予防する効果が

あるほか、がんの増殖や転移を防ぐ効果が発見され

ているのが「オメガ3」です。

        

        

人間の体内では合成できない必須脂肪酸ではある

ものの、現代型の食生活では摂りすぎが問題になっ

ており、がんや心臓病、アレルギーのリスクを高め

ているとしているのが「オメガ6」です。

なので、低オメガ6を意識したほうがいいのが現状

です。

     

       

比較的酸化に強く加熱調理に適していて、飽和脂肪

酸と同じく体内で合成できるのが「オメガ9」で

す。

これも体内で合成できるので積極的に摂る必要はな

い油です。

     

      

よく巷で囁かれているのが、油を摂らない食事。

油は体に悪いと言われていますが、実は人間の体は

60兆個もの細胞から作られていて、その細胞膜を

構成する重要な要素が脂質なのです。

      

      

だから、油を控えるのではなく、油を選ぶと言うの

が正しい食事の形です。

     

      

「高オメガ3・低オメガ6・低飽和脂肪酸・トランス脂肪酸ゼロ」

これを常に心がけるのが正しい脂の選び方であり、

体を老けさせない秘訣になります。

     

      

今回も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE公式アカウント

お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから
友だち追加してください。





Facebookページ






Instagram



PAGE TOP