Blog

腸を休ませ体内を浄化!!

前回、色んな有害物質が食べ物に含まれているって

話をしたんだけど、

     

じゃあ、食べてしまったらどうしたらいいのって

話になると思う。

     

     

大丈夫、安心て欲しい。

体内に入ったものをデトックスする方法がある。

それが、ファスティング(断食)です。

     

     

ファスティングには大きく分けて、2つの効果がある。

「リセット効果」と「デトックス効果」

     

     

その効果の一つ「デトックス効果」が体内に蓄積している

有害物質を無毒化して、体外に排出してくれる。

     

     

有害物質が排出されると、大腸が綺麗になり、

肝機能の改善や細胞のオイル交換の効果にもなります。

     

     

ファスティング(断食)って聞くと、

大変なんじゃ?しんどそう?って

思うかもしれないけど

     

     

きちんとした方法で行えば、全然そんなことはなくて

自分がどんどん健康になっていくのを感じることができます。

     

      

実は、断食って古くから医療現場で取り入れられていて、

いろいろな所で実績を挙げているんです。

     

     

特に、ドイツでは、

「断食で治らない病気は、他のどんな治療でも治らない」

と言う格言があるほどなんです。

     

     

日本でも有数の大学の医学部で患者の治療に

断食療法が行われてきたという歴史があるんです。

     

     

「食べない」ことで消化器官を休ませ、

空腹の効果を最大限に活かす。

     

すると、全身の細胞が活性化して、

病気の予防・改善になります。

     

      

デトックス効果

①有害物質を排出する

体内に入り込んだ有害物質は脂肪に蓄積する。

ファスティングで脂肪燃焼を促進すると、有害物質が遊離

するため体外へ排出されやすくなる。

     

②大腸がきれいになる

食べ物が入ってこないと、バランスが崩れていた腸内環境が

整い、きれいな大腸にうまれかわる。

     

③肝機能が改善する

ファスティング中は食べ物由来の有害物質が入ってこない。

肝臓はこれまでに蓄積していた有害物質の解毒に専念することが

でき、肝臓の働きも改善する。

     

④脂肪が燃える

体内の脂肪が燃焼し、脂肪酸のアンバランスが解消され、

体重が減少する。

     

      

リセット効果

①内臓を休ませる

高脂肪・高タンパクの食事や食べ過ぎで内臓が

疲弊する。ファスティング中はほとんどエネルギーを

使わないので内臓が休まる。

     

②味覚・嗅覚が鋭くなる

断食を終えると、味覚、嗅覚が敏感になり、素材そのものの

風味を感じるようになる。

飲酒量が自然と減る効果も見られる。

     

③肺がきれいになる

大気汚染やタバコの煙により、肺がダメージを受けている。

ファスティングで有害物質が解毒され、組織が修復されて肺がきれいになる。

     

④免疫力が上がる

ファスティングで内臓をきちんと休ませると、白血球が

活性化し、免疫力が上がる。

その効果により、感染症などの病気に強い体になる。

     

     

今日の覚えておいて欲しい一言は

有害物質をデトックス しよう!!

     

それでは、

今日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE公式アカウント

お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから
友だち追加してください。





Facebookページ






Instagram



PAGE TOP