Blog

腸内フローラを整える

便秘解消には食物繊維、これは昔から多くの人に

知られている知識だと思います。

        

        

その食物繊維が実は、大きく分けて2種類あるのは

ご存知ない方も多いのではないでしょうか?

        

        

この2種類は、水溶性と不溶性に分けられます。

       

食べ過ぎを防いで糖尿病や肥満を防止してくれるの

が「水溶性食物繊維」、腸内の老廃物を便と共に

排出してくれるのが「不溶性食物繊維」で、これが

皆さんの多くが認知してる機能です。

       

        

実は、最近になってわかってきた事なんですが、

それだけではなく、他にも素晴らしいポテンシャル

を秘めていたって事です。

        

         

生活習慣病予防や免疫向上、そして、なんと脳の機能維持にまで食物繊維は関わってくるんです。

     

腸のことを話す上で大事になってくるのが、腸内

細菌の存在です。

       

        

私たちの腸内には細菌が棲みついています、さて、

この細菌ですが、どれだけの細菌が棲みついてるか

ご存知ですか?

      

       

なんと、聞いてびっくりなんですが、100兆個

なんです。

重さにして1.5kgもの腸内細菌が棲みついてる

なんて、ほんと驚きですよね。

       

         

そして、その菌がコロニーを形成していて、それが

お花畑のように見えることから、フローラと呼ばれ

ているんです。

        

        

腸の仕組みですが、食物繊維が腸に運ばれると、

腸内細菌によって発酵・分解されます。

         

      

この時に作られる物質が短鎖脂肪酸で、主な働が、

腸管粘膜のエネルギーになる、腸内環境を整える、

免疫力を高める、全身の細胞で生体の調整を行う

など、腸内環境改善の鍵となる物質といっても過言

ではありません。

          

         

さらに、町内だけではなく、血液を通じて筋肉、

臓器、脳などに運ばれ、さまざまな役割を果たして

います。

         

     

私たちの体が健やかさを維持できてるのは、食物

繊維と腸内細菌の共同作業のおかげと言わざるを

得ないでしょう。

          

    

ということで、やはり繋がってくるのは穀菜食の

実践ということになってきます。

穀菜食は心と体を整えるためには必要不可欠な存在

だということです。

         

     

今回も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE公式アカウント

お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから
友だち追加してください。





Facebookページ






Instagram



PAGE TOP