Blog

腸内環境が良くなる方法

人間の腸内には、約500〜1万種類、合計すると

約1000兆個もの細菌がびっしりと棲みついています。

     

     

その様子が草むらに見える事から、腸内フローラとも

呼ばれています。

     

      

無数の細菌が、腸の中でひしめきあいながら生態系を

築いています。

     

     

よく言われているのが、「善玉菌」と「悪玉菌」この2つです。

でも、実際、構成する全ての細菌が重要なので、本当は、

腸内細菌全てが善玉菌であると考えるべきだと思います。

     

     

そもそも、悪玉菌とよばれるものが本当に不要であれば、

すでに排除され、腸内フローラを構成していないはずです。

     

     

なんか、難しい話になってきましたが、

要は、私たちの食習慣や生活習慣が、そのまま腸内環境

を健全に維持できるかどうかにかかってくるってことなんです。

     

     

そう考えると、腸内細菌は人間が得た栄養素の一部を利用し、

体に害を及ぼす病原体の増殖を防いだり、食物繊維を栄養源に

作り出す物質を通じて、人間の健康に不可欠な働きを

したりするんです。

     

     

そうなんです、人間と菌って実は持ちつ持たれつ

関係なんだって事ですね。

     

     

だけど、問題なのは、そんな持ちつ持たれつの関係を人間自身が

崩している事実があるんです。

     

     

それが、病気やケガで処方される抗生物質や、防腐剤などの

食品添加物です。

それらが腸内細菌に作用して深刻なダメージを

もたらしています。

     

     

それ意外にも、食べ過ぎや食事の乱れも腸内環境を乱す

原因となってます。

     

     

さらには、精神的なストレスや脳のストレスで胃痛や下痢

などの不調があらわれ、腸内フローラに悪影響を及ぼしたり、

仕事などのストレスから暴飲暴食に走ってしまうと、

あっという間に腸内環境が乱れてしまいます。

     

     

まとめると、

人間の腸内には約1000兆もの細菌がおりそれを

腸内フローラと呼んでいる。

そして、人間と菌は持ちつ持たれつの関係にありながら、

人間の食や精神などの影響で腸内環境があっという間に

乱れてしまうということ。

     

     

ここまではなんとなくわかってもらえたと思うんですが、

じゃあ、乱れてしまった腸内環境を元に戻す方法はないのって

事ですよね。

     

     

そうです、それを知りたいと思うんですが、

実は、あるんです。シンプルで簡単な方法が。。。

     

     

そう、それが、少食やファスティング(断食)なんです。

少食やファスティング(断食)を行うことによって、乱れた

腸内フローラの状態をリセットすることができるんです。

     

     

ファスティング(断食)を行うことで、これまでの生活で乱れた

腸内フローラの生態系がいったん落ち着き、ファスティング

(断食)後に質の高い少食を実践することで、健全な生態系が

回復するんです。

     

     

では、今回の覚えておいてほしい一言は、これ!!

     

ファスティングで 腸内環境がリセット

     

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE公式アカウント

お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから
友だち追加してください。





Facebookページ






Instagram



PAGE TOP