Blog

長寿の秘訣はこれかも?

前回書いたように、ファスティングを長期で行うと

体内のブドウ糖が枯渇状態になります。

    

     

この時の救世主として、代わりのエネルギーになるのが

ケトン体です。

      

     

このケトン体の材料となるのが、私たちが減って欲しいと

思っている体脂肪(脂肪酸)

     

     

そして、このケトン体が最も増えるのは、ファスティング

(断食)を始めてから4〜7日後(個人差あり)であることが

わかっています。

     

     

つまり、ケトン体の恩恵を十分に受けるには、1週間以上の

ファスティング(断食)が必要になってくるんです。

      

       

でも、ケトン体が素晴らしいのはここからなんです。

ケトン体は脳をはじめ全身で代替エネルギーとして利用される

だけじゃなく、実は、寿命延長や抗癌作用などを発揮することが

わかっているんです。

      

      

すごいですよね、食べないことで寿命も伸びて、天敵のガンまで

倒すことができるなんて。

     

      

そして、ケトン体はミトコンドリア活性化させ、神経細胞を

保護する働きがあるとも報告されています。

      

      

それはどう言うことかというと、人間の頭脳である「脳をも

守る」ことができるってことなんです。

       

      

ほんと、知れば知るほど人間の体って素晴らしいなって

つくづく思います、

      

      

では、今回覚えておいて欲しい一言はこれです。

      

長寿の秘訣はケトン体

      

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE公式アカウント

お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから
友だち追加してください。





Facebookページ






Instagram



PAGE TOP