Blog

骨と血管を元気にする食事

骨と血管を元気にする食事、その基本となるのが

玄米と具沢山の味噌汁なんです。

      

       

では、それぞれを見ていきましょう。

     

     

玄米

未精製穀物には体に必要な栄養が凝縮

不足しがちなミネラルと食物繊維が豊富な玄米。

毎日の主食を玄米にするだけで、食事の質が一気にアップ

します。

ただ、気をつけて欲しいのが、精製しないので無農薬をおすすめ

します。

あと、酵素玄米にすることでさらに質がアップしますよ。

     

      

具沢山味噌汁

発酵食品の味噌と旬の野菜で完璧にバランスが整う

日本人のソウルフードとも言える味噌汁。

大豆が原料の味噌は大事なタンパク源であり、ミネラルも豊富

です。

      

      

海藻類

不足しがちなミネラルの宝庫

ミネラルをたっぷり含んだ海藻類。

わかめや昆布、海苔など、日本人の食卓には欠かせません。

     

      

野菜&いも類

緑黄色・淡色・いも類いろいろな種類を食べる。

植物性の健康成分(ファイトケミカル)の宝庫。

年中トマトばかりというのは不自然です。

種類は少なくても、必ず旬の新鮮な野菜を。

      

里芋やさつまいもなどのいも類には、カリウムや食物繊維が

豊富で、腸だけではなく、全身の健康に役立ちます。

     

      

豆類

たんぱく質&マグネシウム&鉄&亜鉛で若々しい体の土台作り

重要なタンパク源であり、各種ミネラルも豊富。

納豆などの大豆発酵食品も積極的に食べましょう。

     

     

良質な油

オメガ3オイルで脳を若くイキイキと

体内で作ることができず不足しがちなオメガ3脂肪酸は意識して

摂取することが必要。

その代表的な摂取源が亜麻仁油であり、青魚のEPA,DHAも

オメガ脂肪酸です。

       

       

種実類

マグネシウムや亜鉛が豊富

くるみやごまなどの種実類にはミネラルやビタミンのほか

タンパク質も豊富。

料理やおやつに活用しましょう。

     

      

きのこ類

食物繊維で腸をきれいに

食物繊維やビタミンを多く含み、免疫力アップにも一役買って

くれます。

程よい食感はよく噛んで食べることにもつながります。

     

      

果実類

旬のフルーツはビタミン豊富

ビタミンをはじめとした豊富な栄養素を持つ旬のフルーツ。

皮ごと食べられる物は丸ごと摂るようにしましょう。

     

       

老けない食べ方の基本となるのが、この穀菜食です。

食べるだけで老化は遅くなり、体の中から若返ることが

できるって、素晴らしいと思いませんか!!

      

       

ぜひ一度試してみてくださいね。

      

       

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE公式アカウント

お得な情報を受け取るには、
以下のリンクから
友だち追加してください。





Facebookページ






Instagram



PAGE TOP